« 2010天皇杯準々決勝、名古屋戦 | トップページ | 2011シーズンのアントラーズに望むこと »

2010年12月31日 (金)

2010天皇杯準決勝、FC東京戦

準々決勝の名古屋戦は、相手がベストメンバーじゃなかったのもあって、同点に追いつかれてもすぐ取れるだろうって空気があって、実際大迫のゴールで勝ったけど、この準決勝のFC東京は、そんな甘くない相手だったね。

このFC東京だったらJ2に落ちなかったって思った人多いでしょ?実際面白い試合になったよね。


岩政の負傷でそのまま大岩がスタメン。残念ながら連携不足な部分が目立ったかな。

失点のクロスを上げられる前のプレーも、大岩が一度寄せるのを躊躇してる。確かにあの場面は数的不利だったからがむしゃらにアプローチして中央に行かれるリスクを作る必要はなかったけど、もう少し外に大岩が追い出せてたら、クロスが上がってもアンカーの選手が中央に入る事ができて平山には楽にやらせなくて済んだかな。急にそんな連携を求めるのは酷かもしれないけど、実際青木がアンカー、中田浩二がCBに入ったら安定したもんね。

中盤ではフェリペも良かったんだけど、フェリペの負傷交代?で入った本山がかなり効いてたね。FC東京の米本が退場になった後は中盤を制圧してた。これもキーになったね。

後半から延長は、石川直宏を宮崎が抑えたのもあり、後は攻撃陣が決めるだけ…ってそんなシチュエーションをなかなか決められなかった中、ラストチャンスで興梠がよく決めてくれた。

勝ったし、同点ゴールは決めたんだけど、だからこそ大迫に敢えて苦言。

やっぱりシステム的な問題でアウトサイドに開いたシャドー的なポジションに入るとしても、やはり大迫の勝負するところはエリア内でしょう?エリア内でシュートを打つ機会が増えないと、決まるゴールも決まらないよ。

大迫に求めてるのはやはりゴールじゃない?高校生の時だって『待望の大型ストライカー』って触れ込みだったんだから、そういうプレーを求めたいんだよね。

宮崎のクロスをヘッドで決めたああいうプレーができるんだからさ、やっぱり大迫が生きるのはエリア内だと思うな。


実は他にも長々と試合に関して書いたんだけど、決勝を前にアップできなきゃと思って簡潔にした(笑)


遂に久しぶりの決勝…やっぱり豪快に勝って欲しいね。

天皇杯の優勝だけじゃなく、ACLの出場権を是非とも勝ち取って欲しい。
その為には…マルキーニョスに代わる得点源が必要。興梠と大迫にはその得点源になってもらわなきゃね。

|

« 2010天皇杯準々決勝、名古屋戦 | トップページ | 2011シーズンのアントラーズに望むこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1450604/38289462

この記事へのトラックバック一覧です: 2010天皇杯準決勝、FC東京戦:

« 2010天皇杯準々決勝、名古屋戦 | トップページ | 2011シーズンのアントラーズに望むこと »