« 2011年6月 | トップページ

2011年8月

2011年8月 9日 (火)

ダニーロ

縁があったのか、親しく接してもらいました。


2007シーズンに『元サンパウロFCの10番』という肩書きで入団。

来日前に不調に陥り、そのタイミングで来日。

期待が大きかっただけに、シーズン序盤でのチームの不振から、バッシングもありました。


2005シーズンのリベルタドーレス杯では、MVP的な活躍をみせていただけに、本人もそのパフォーマンスには満足はできなかったでしょう。


シーズン途中からはベンチを暖める機会も増えていました。


ある日、鹿嶋市内のブラジル料理店『BERIMBAU』でばったりダニーロに会いました。

奇跡の大逆転優勝を決めた直後でした。


何となく、来期(2008シーズン)が気になったので、聞きづらいことを聞いてみました。


『来年もアントラーズに残るんだよね?』


『残るよ。契約はもう一年あるから。』


即答だったので安心しましたが、やはり僕は当時のダニーロを擁護したかったので、横浜フリューゲルスに在籍していたセーザル・サンパイオ(セザールという表記でしたが、実際はセーザルのほうが発音に近いので)、ズィーニョ(ジーニョ。これも発音が近い・笑)、達を例に出して、


『あのセレソンで活躍したズィーニョやセーザル・サンパイオも日本で活躍したのは2年目からだから…』


と言うと、


『サッカーはいつもそんなもんさ…』


と、ダニーロは一切言い訳をしなかったんです。

fica com deus!!!!!-071205_1254~01.jpg

そのときの写真。


だから、天皇杯決勝のロスタイムのスーパーゴールが突き刺さったとき、国立のスタンドで泣きました。


そして2008シーズンの活躍がありました。

記録ではなく、記憶に残る選手といったほうがわかりやすいですかね。

2008シーズン終了直後、ダニーロに会うと、ダニーロは笑顔で、

『サンパウロFCも優勝したみたいだよ!母が電話してきてくれたんだ…』

と僕に言いました。


昨年話した契約の話を覚えていたので、

『来年もアントラーズでプレーするんだよね?』

と聞くと、さすがにダニーロは微笑むだけでした。


サンパウロFCからのオファーがあったことは事実だったらしく、今思えば迷っていたんでしょうね。


しかし

2009シーズンも鹿島アントラーズに11番を背負ったダニーロの姿がありました。

本当に嬉しかったですね。



2009シーズンはACLで負った負傷が長引きましたが、復帰した直後にスキンヘッドで登場したり、リーグ連覇がかかった終盤のG大阪戦でのとどめを刺したヘディングシュートなど…サポーターは彼の功績を忘れないでしょう。


そして2009シーズン限りでの契約満了が発表された直後、ダニーロとBERIMBAUで会うことができました。


その時のBERIMBAUの女性の方との会話の中で、


『寂しいわね…もう少し日本に残ってよ』

と声をかけられたダニーロは、


『本当は2年契約だったけど、もう1年日本でプレーでできたんだ…だから良かった』


とつぶやきました。

BERIMBAUの女性の方は、

『じゃあ、もう1年だけ・笑』

と応えると、ダニーロは笑っていました。


成田空港に見送りに行ったときは、本当に寂しかったですね。

当日のスケジュールの関係で、空港への到着がギリギリになり、今まさにダニーロがゲートに入るというタイミングで滑り込んだのを強烈に覚えています。


自然と涙が出ました。


震災の直後もTwitterで日本に向けて心配するツイートをしてくれたり、本当に彼の人柄は素晴らしかったと思います。


現在もコリンチャンスでプレーするダニーロ。

いつかまた会いたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

タルタ

最近の成績や内容からすると批判的なことばっかり書きそうだから、フルミネンセからレンタル移籍で獲得したタルタに関して。

youtubeの映像とかから見る限り、左利きのアタッカーだね。

http://www.youtube.com/watch?v=hk8F9rddWbI

http://www.youtube.com/watch?v=53MSuRP3itI&feature=related

ポジション的にも2列目のチャンスメーカーっていうイメージがしっくりくる。

最近の他のクラブは、鹿島をリスペクトしてリトリートしてブロックを形成し、どちらかと言えば主導権は握らせてくれるケースが多い。1-4で大敗したG大阪戦も前半から2失点目までは、主導権は鹿島が握っていたし(もちろん、2失点目以降はお粗末だったけどね…)。

増田誓志と小笠原のドイスヴォランチになってから、どちらかといえば中盤でボールを支配できる時にはアグレッシブに試合をコントロールできるようになったと思う。もちろんそれが、自分たちのバイタルエリアを空けてしまい、岩政の1対1での対応の拙さが目立ってしまうのは問題かもしれないけど、ボールを失わないでいる時間が長ければそんな心配も無くなってくるから、そのストロングポイントを活かしたい。

そうすると、相手に引かれたところにどうするか?がポイントになる。

田代の高さを活かす上で、野沢の選択肢はクロスである場合が多いけれど、タルタが加入すれば、引かれてスペースのないところをこじ開けるという選択肢ができてくる。

フェリッピもいい選手だし、テクニックも持っているんだけど、どうも日本のサッカーのDFの傾向が相手だと、ゴールに直結するような局面打開に繋がりにくいんだよね。

フェリッピのドリブルとかフェイントに対して、日本人はファウルで止める場面が多いでしょ?それが意外とゴールから遠い。

要するに比較的スペースがあるところでボールをまたいだりするフェイントが多いから、相手が対応できずにファウルになると、まだゴールから遠いんだよね。要するに怖さに繋がっていない。

ブラジルのサッカーは比較的ルーズというか、守備に関してはゴール前でもスペースを意外と与える。だからブラジルでフェリッピみたいなタイプがプレーすると、エリア付近、あるいはエリア内に侵入できる機会も多い。でも、日本はそのスペースをきっちり消してくるからね。

それでタルタの持ってるテクニック、アタック能力が活きてくれば?って思う。いや、活きると思う。

2008シーズンに在籍したマルシーニョの件があるから、能力の高い選手でも短い期間で結果を出すのは非常に難しいんだけど、期待したいよね。

最後に指摘するとすれば…

選手層から考えたら、本当はCBを補強するべきだったと思うし、アタッカーではなくストライカータイプのFWを獲得するべきだったと思うな。

今期は開幕前の補強が裏目に出たのは間違いないんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ